できるだけ早く次の転職先を見つけたいと思っているなら、何社も並行して応募をし、面接を受けるといいでしょう。

複数のエントリーは天秤に掛けるようで後ろめたい気になりますが、してはならない事ではありません。

転職活動中に気になる求人が複数出てきた場合には、どれか1つに絞るのではなく、並行してアプローチしていきましょう。

複数の企業に対しての転職活動を行うことで、これはと思った企業への応募のチャンスをとりこぼさずに澄むでしょう。

条件のいい求人を見つけて応募をしたとしても、1日や2日で採用が決まることはまずありません。

採用まで多少の時間がかかったとしても、生活に余裕があり、次の会社に入社するまで時間的な制限が無いのであれば、気にする必要はありません。

早々に転職先を決めて、給料がもらえる状況になりたいという人も少なくありません。

複数並行して転職活動を行うポイントは、他の会社の内定が出た場合、いつまで回答を待ってくれるか確認することです。

他の会社で選考待ちという事も素直に伝えて、それで不採用となってしまう会社であれば、それまでの縁です。

面接では、他社の求人に対して応募中かどうかを、尋ねてくる企業も少なくありません。

大抵の場合は、別の会社にも応募をしていて、結果を待っているならそう答えたほうが、企業側からの折り合いがつけやすいようです。

第1希望の会社の内定が出るまでじっくり転職活動に取り組み、内定が出たら、他社の辞退の連絡も速やかにするようにしましょう。